競合物件によってマンションが売れない場合は売却戦略を練り直すべき

マンションが売れない理由のひとつとして考えられるのが、
競合する物件の有無です。

マンション売却において競合する物件があるため、マンションが売れない場合には、
これら2つのケースがあてはまります。

  1. 同一マンション内での競合物件
  2. 同一エリア内での競合物件

どちらの場合でも、競合物件がある場合には売却戦略をしっかりと練り直す必要があるといえます。

現在既に専属媒介契約を結んでおり売却活動中という場合には、媒介契約を結んでいる仲介業者との間で戦略を練り直すことになります。

もしも一般媒介契約を結んでいる場合や、専属媒介契約の期間が終了し、契約を続行しない場合には、他の不動産業者での売却を検討するというケースもあります。

その場合、もう一度売却査定から見直してみることをおすすめします。

競合物件でお困りならマンションの取扱いに特化した一括査定サイト「マンション.navi」の一括査定

マンション売却の一括査定サイトで迷ったら、
まずは「マンション.navi」がおすすめです。

なんといってもマンションの取扱いに特化した一括査定サービスなので、
マンション売却を得意としている不動産業者としか提携していません。

同一マンション内はもちろん、同一エリア内での競合物件によって、売りにくい状況にあるマンションであっても、スムーズな売却が期待できます。

もちろん完全無料でご利用可能ですから、まずはマンション.naviの一括査定を。

一生に1度か2度のマンション売却!マンションナビで、後悔しない取引を

売主の立場を重視するソニー不動産の売却エージェント

首都圏のマンション売却。
競合物件でお困りならばソニー不動産がおすすめです。

東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県、首都圏の物件取扱いに特化した、ソニー不動産の売却エージェントサービスなら、首都圏エリアでの売却のノウハウを駆使してのマンション売却戦略が期待できます。

もちろん完全無料でご利用可能です。他の一括査定サイトとの提携はありませんから、上記の「マンション.navi」とあわせてのご利用で、より高くマンションを売却できる可能性も高くなります。

100%売り手の味方となってお客様の満足を追求するソニー不動産

同一マンション内での競合物件

同一マンション内での競合物件。特に大型で戸数の多いマンションでは、同じ時期に売りに出されている確立が高くなるので競合してしまう場合も多くなってきます。

同一マンション内の場合には、間取りも専有面積も、周辺環境もまったく同じというケースが多くあります。ましてや階数まで一緒となるとかなり厳しい状況だといえます。

基本的にフロア(階数)が上になるほど、マンションの市場価値は高くなりますから、 もしも上のフロアで売りに出されている物件があるなら、その売り出し価格よりも高い値段では絶対に売れないと考えるべきです。

反対にある程度、上のフロアよりも安い売り出しが可能であれば、買主に比較対象として見てもらえることから、有利に事を運べるケースもあります。
リフォーム施工を行っている物件が競合となっている場合も同様のことがいえます。

ただ、競合する物件のほうが下のフロアだったり、
ご自身の物件がリフォームを行っているなど、逆の条件のときには注意が必要といえます。

どちらにせよ、競合する物件の状況をしっかりと把握し、値下げがあった場合などには迅速に対応することが、より早くマンションを売却するために必要な対応だといえますね。

同一エリア内での競合物件

そして意外とチェックを怠ってしまいがちなのが、
同一エリア内での競合する物件です。

同じ建物でなくても、同じエリア内、周辺エリア内で多数のマンションが売りに出されている場合、必然的に間取りや専有面積の近い物件も出てきます。こういった物件との競合にも注意が必要だといえます。

また、売主としては中古物件のみが競合物件となりえる感覚がありますが、 買主側としては、できれば新築マンションを購入したいが、予算的に妥協して中古マンションの購入もありかな?という感覚の人もいることを忘れてはいけません。

もちろん最初から新築のみに絞っている買主も多くいますが、
新築か中古か物件によって考えようという買主もいるわけです。

つまり新築マンションが多数売りに出ている場合でも、競合物件となり得るケースがあるのです。

同一エリアでの売り出し状況を事前にチェック

地域にもよりますが、ひとつのエリア内でマンションの購入を検討している人は、 売主が考えるよりも少ないと思っておいたほうが無難です。

マンション売却では、周辺で売りに出されている物件をチェックして、 相場を把握するという最初の段階がありますが、この段階で相場だけでなく周辺エリアで競合になり得る物件があるかどうか、事前にチェックしておくことが必要です。

競合物件がある場合には、可能であれば売り出しのタイミングをずらすのもよい方法です。 それが不可能であれば、ある程度売り出し価格を低めに設定することになります。

売りに出したあとに競合する物件が現れてしまった場合には やはり値下げをするのが最良の対応であるといえます。

問い合わせや内覧が多くあるなら

競合する物件があっても、問い合わせや内覧が多くある場合なら、
値下げ云々ではなく、内覧時の対応次第で成約にまでたどり着ける可能性があります。

例えば内覧時には、

・物件のネガティブなポイントを言わない。
・周辺でのお得情報をこっそり教える

などの工夫をして、この物件をこの人から買っても大丈夫そうだ!という印象を与えられうような内覧対応を心がけましょう。